グリーンブランドを求めるお客様が増えています - 貴社のパッケージが果たす役割とは?

この記事を共有する

facebookでシェアする
Twitterでシェアする
リンクトインで共有する

調査によると、消費者は購買の意思決定において、より環境に配慮することを望んでいることが確認されています。エレクトロニクス、消費財、化粧品など様々な業界において、サステナビリティは消費者が購入する製品を選択する方法を再定義しつつあります。この歴史的な顧客シフトが進行する中、ブランドは持続可能な製品を提供することに注目しています。

調査結果は一目瞭然です。例えば、アクセンチュアによる2019年の調査です。11カ国の6,000人の消費者を対象にしたその広範なサンプルでは、回答者の83%が、企業が再利用やリサイクルを前提とした製品を設計することは重要であるか非常に重要であると考えていることが判明しました。また、回答者の約72%が、現在、5年前よりも多くのグリーン製品を購入していると回答し、81%が今後5年間でさらに購入する見込みであると回答しています。

デジタル化の進展に伴い、エレクトロニクス産業は活況を呈しています。例えば、現在、世界では50億人がモバイルデバイスを所有していると言われています。また、ピューリサーチによると、米国内だけでも、携帯電話の普及率は2002年の61%から2018年には94%に増加していることが分かっています。競争力を維持するために時代とともに進化していく中で、エレクトロニクス企業はサステナビリティへの取り組みに目を向けるようになったのです。排出量のモニタリング、再生可能エネルギーの利用への切り替え、資源利用の評価など、より社会的責任を果たすことで消費者が求めるものを提供する方向へのシフトは明らかです。環境への取り組みに非常に力を入れているブランドといえば、アップルです。製品を構成する素材に目を向けるだけでなく、Appleは循環型ファイバーパッケージングサプライチェーンの構築に向けて常に努力しています。

消費者向けパッケージ商品(CPG)市場も、グリーン製品に対する消費者の嗜好の高まりを明確に反映しています。2019年のHarvard Business Reviewの記事。 調査結果実際に、消費者は持続可能な製品を購入しているは、研究者が2013年から2018年にかけてのCPGの成長の50%をサステナビリティマーケットの製品が占めていると判断したNYUの研究を引用しています。この研究データは、36のカテゴリーと71,000のSKUをカバーする小売店のバーコードスキャンから得られたもので、この5年間で合計するとCPGドル売上の40%を占めています。そのような転換を行ったブランドの1つがユニリーバです。同社はレガシー製品を再発明し、その結果、「サステナブルリビング」ブランドが売上増加の70%を占めるようになりました。

お客様が製品の持続可能性をどのように認識されるかを判断するとき、パッケージは重要な役割を果たします。消費者は、パッケージがリサイクル可能か、堆肥化可能か、あるいはゴミ箱に捨てなければならないかどうかに、ますます気を配るようになってきています。驚くことではありませんが、多くの人が持続可能なパッケージングオプションのためにより多くのお金を払うことを望んでいます。カナダの調査によると、62%の成人が、持続可能な素材で包装された製品にもっとお金を払うと回答しています。そのうちのほぼ3分の2の人は、最大で10%多く支払うと回答しています。

美容・化粧品業界では、サステナブルなスキンケア、ヘアケア、コスメティックは、クリーンビューティーのコンセプトの浸透とともに急成長しているカテゴリーです。しかし、ほとんどの美容ブランドは、環境に配慮したパッケージングへの取り組みに遅れをとっているのが現状です。年間1,200億個ものパッケージが生産されている業界では、これは大きな問題となります。真のグリーンブランドとしてのイメージを高めるためには、美容・化粧品メーカーがこの重要な側面にも取り組み始めることが不可欠です。例えば、ロレアルはSPICE(Sustainable Packaging Initiative for CosmEtics)を設立し、化粧品業界の組織を集め、持続可能なパッケージングの未来を共に形作るための取り組みを行っています。

さらに、ブランドは、そのパッケージがサステナブルであることをお客様がどれだけ簡単に認識できるかも考慮する必要があります。サステナブルな製品がサステナブルでないパッケージで包装されていたり、お客様がサステナブルでないと認識するパッケージであったりすることほど、もどかしいことはありません。この課題を克服する効果的な方法は、繊維成形品と紙製の包装を使用することです。多くの消費者は、繊維成形品を持続可能な選択肢として即座に認識し、その結果、繊維成形品と紙製品は、海洋プラスチックに寄与するリスクのない、リサイクルやコンポスト可能な包装材料として勢いを増しています。

持続可能な製品への関心の高まり、より持続可能なパッケージングにお金を払うという多くの人々の意思、そしてプラスチックに対する反発を考えると、もしあなたがまだグリーンパッケージングに切り替えていないなら、今こそ切り替えるべき時であり、持続可能性に対するあなたのコミットメントを顧客に伝える強力なメッセージであるということは明らかでしょう。

 

関連記事