あなたの使っている包装材は、どれくらい持続可能ですか?

この記事を共有する

facebookでシェアする
Twitterでシェアする
リンクトインで共有する

環境問題は、パッケージングを選択する上で持続可能性が重要になる理由です。多くの企業が、より環境にやさしいパッケージを作るために大胆な取り組みを行い、その変化を加速させるための革新的な選択肢を探しています。実際、サステナブルパッケージングは、現在販売されている全パッケージングの約25%を占めています。しかし、ブランドにとって最善の決断を下すとなると、サステナブルパッケージング素材の選択肢がすべて同じというわけではありません。以下に、古くから使われているガラスや紙から始まり、金属、そして最近ではプラスチックや繊維成形品まで、年代順にリストアップしています。

ガラス

ガラスは金属と同じように、品質を劣化させることなく無限にリサイクルすることができます。しかし、残念ながら、ガラスはリサイクルされないことが多いのです。

サステナビリティの観点からは、ガラス製パッケージには限界があります。ガラス容器は一般的に他の代替品よりも重いため、製品の輸送による環境への影響を増大させる可能性があります。また、ガラス、特に新しいガラスの生産は、非常にエネルギー集約的です。米国では、ガラス容器の33%しかリサイクルされておらず、割れたガラスが他の材料を汚染するため、いくつかのシングルストリームリサイクルプログラムから段階的に除外されています。正しく廃棄されないガラス容器は、人間や動物に害を与える可能性があります。

紙系パッケージ・段ボール

リサイクルに関して言えば、紙と段ボールはプラスチックよりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮します。紙と板紙のリサイクル率は約66%で、段ボールのリサイクル率は約90%です。紙ベースのパッケージングサプライヤーは、性能を犠牲にすることなくリサイクル率を高めることにますます長けてきています。

しかし、紙のリサイクル性には限界がある。使用するたびに繊維は短くなり、製品によってはバージン材をブレンドして補う必要が出てきます。また、紙製の包装材が埋立地に運ばれても、生分解して埋立ガスが発生する可能性が高い。紙製の包装材は、地方自治体の埋立地の約26%のスペースを占めています。さらに、紙の生産には大きな環境負荷がかかります。多くの水を必要とし、米国で大気中に放出される有毒廃棄物の約20%を生成しています。

アルミニウムとスチール

また、アルミニウムと鉄はどちらも広くリサイクルされています。米国で生産されたアルミニウムのうち、ほぼ75%が現在も使用されています。また、プラスチックや紙製品は使用するたびに劣化しますが、金属は品質を劣化させることなく、何度でもリサイクルすることができます。また、アルミ容器はガラス瓶に比べて軽量でコンパクトな形状をしているため、輸送効率にも優れています。

しかし、金属は再生不可能な資源です。ボーキサイトは、新しいアルミニウムを生産するために採掘されなければならず、環境に悪影響を及ぼします。ボーキサイトの粉塵は大気、水、土壌を汚染し、ボーキサイトの地下水への溶出は土壌の肥沃度を低下させ、水生生物に影響を与える可能性があります。

プラスチック

世間からの反発はあるものの、プラスチックがこれほどまでに普及したのには理由がある。合成樹脂であるため、軽量で効果的なパッケージを設計することができ、食品廃棄物を減らし、製品を衛生的に保つのに役立ちます。また、プラスチックパッケージの製造に必要なエネルギーとそれに伴う二酸化炭素排出量は、他の素材に比べて少なくなっています。さらに、プラスチックパッケージは軽量であるため、貨物の環境フットプリントを削減することも可能です。最後に、多くのプラスチックはリサイクル可能ですが、現実にはリサイクル率は非常に低く、わずか9%です。

毎年800万トン以上のプラスチックが海に流れ込み、世界中のウミガメの半数以上とほぼすべての海鳥がプラスチックを口にしていると言われています。2050年には、海の中のプラスチックの量が魚の量を上回るという調査結果も出ています。また、リサイクル率が低いため、新しいプラスチックパッケージの製造は、再生不可能な化石燃料の継続的な採掘に依存しています。

バイオプラスチック、生分解性プラスチック

生分解性プラスチックやバイオプラスチックは、従来のプラスチックに代わる環境に優しい素材であり、上記のような利点があるとして注目されていますが、それには疑問があります。生分解性プラスチックは、自然界で安全に分解されるように作られていますが、そのためには特定の条件が必要です。例えば、埋立地内や深海では通常、生分解されません。また、生分解性プラスチックは、従来のプラスチックと一緒にリサイクルすることはできません。

バイオプラスチックは、トウモロコシから抽出した糖分など再生可能な原料を使用するため、より環境に優しいプラスチックと言われている。しかし、農地は食料生産のためにもっと緊急に必要とされている、というのが批判的な意見である。

成型繊維

最後に、繊維の成型品について考えてみましょう。以前は、卵パックやお椀など一部の用途で人気がありました。しかし、最近では、電子機器、医薬品、化粧品などの業界において、保護性に優れ、軽量であることを特長とする高級化粧品用成型繊維製品が好まれるようになってきている。また、繊維成形品の美観が飛躍的に向上し、プラスチックのような手触りや滑らかな抜き勾配が実現したため、繊維成形品の採用率が急上昇しています。成形繊維は、古紙や段ボールなどのリサイクル繊維、あるいは農業残渣など責任を持って調達されたグリーンな材料から作られるため、持続可能な包装材料としての条件を備えています。成型繊維の製造では、多くの廃棄物を包装材に変換して利用します。そして、その寿命が尽きると、完全にリサイクル可能で、生分解性を持ちます。プラスチックにまつわる海洋プラスチックやリサイクル率の低さ、プラスチックや金属などの素材にまつわる非再生可能な資源採取の心配はありません。

成型繊維が浸透しつつあります。例えば、2020年3月から、ペプシはカリフォルニア州の試験で、プラスチック製飲料リングの代わりに成型繊維を使用しています。主要な家電製品などの製品カテゴリーでは、Apple、Google、Huawei、Philips、Samsung、Xiaomiなど多くの大手企業で、プラスチックから成型繊維への移行が順調に進んでいます。

石油を原料とするパッケージングや、再生不可能な資源の採掘や汚染につながるその他のパッケージング材料からの脱却をお考えなら、選択肢はあります。多くの選択肢がある中で、モールドファイバーは、責任ある原料調達から使用後のリサイクルやコンポストのオプションまで、すべての条件を満たす持続可能なパッケージング材料として際立っています。

関連記事