高級品業界向けサステイナブルパッケージング

この記事を共有する

facebookでシェアする
Twitterでシェアする
リンクトインで共有する

多くのラグジュアリーブランドが岐路に立たされています。消費者の環境に対する意識の高まりもあり、環境に配慮したパッケージングを採用する必要性が高まっているのです。こうしたブランドが直面する茨の道は、サステナビリティの新たな要求に応えたいという願望と、ブランドイメージに忠実であり続ける必要性との間で、微妙なバランスを見つけることです。

ラグジュアリーブランドは、第一印象が重要であることを知っています。多くの見込み客にとって、高級品のパッケージはそのブランドを知る最初のきっかけとなることが多いのです。しかし、一見したところ、サステナブルパッケージングというコンセプトは高級品に適していないように見えます。従来、高級品にはプラスチックや金属、布などの高級素材(ただし、環境にはやさしくない)が使用され、その製品が約束する豪華な外観や華やかな気分を表現してきました。

一部の高級ブランドは、すでに持続可能なパッケージングへの移行という課題を受け入れています。しかし、世界的なトレンドへの対応が遅れているブランドもあります。これらの企業は今こそ、環境に優しいパッケージの採用を再考し、サステナビリティを製造やビジネスプロセスの一部として取り入れるだけでなく、サステナブル・エクセレンスのリーダーとなる機会をつかむ必要があるのです。

サステナビリティへの挑戦

あらゆる分野のブランドが、持続可能で生分解性のあるパッケージを使用するよう、 消費者や規制当局から より大きな圧力に直面していることに気づきました。特に健康・美容分野の多くのブランドは、製品に天然素材を使用し、持続可能な製造プロセスを採用することに投資してきました。こうした努力は、環境に優しいパッケージの使用にも及んでいます。このような持続可能性を求める傾向は、高級ブランドにとってより大きな課題となっています。高級ブランドは、パッケージを変更することでブランドのアイデンティティが損なわれる可能性に敏感だからです。

リード・ザ・ウェイ

高級品に対するお客様の期待は他の商品よりも高いのですが、多くの高級ブランドは、商品とパッケージの両方のサステナビリティを向上させるという課題に取り組むべく、懸命に努力しています。これらのブランドは、商品の視覚的、感情的、伝統的な魅力を維持しながら、環境に優しい素材や生分解性のある素材を使用するために、さまざまな素材やアプローチを模索しています。

世界的に有名なファッションブランドのグッチと化粧品ブランドのエスティ ローダーは、ラグジュアリーカテゴリーでいち早くサステナビリティを採用した企業のひとつです。グッチは、2010年から箱にリサイクル段ボールを使用しています。その後、「 カルチャー・オブ・パーパス」として知られる一連のサステナビリティ原則を策定しました。この原則には、 環境を保護し、ブランド・アイデンティティの一部としてサステナビリティを向上させることが含まれています。また、グッチは毎年開催する ファッションショーの回数を5回から2回に減らしています。

化粧品大手のエスティ ローダーは、自社の製品やパッケージの廃棄物をゼロにすることを目標に掲げています。同社は、 Circular Economy 100 Sustainable Packaging Coalition、Sustainable Packaging Initiative for Cosmetics(SPICE)などの持続可能なビジネス関連団体に加盟しています。また、製品やプロセスへのグリーンケミストリーの導入、ライフサイクル分析の実施、植物由来原料の使用など、 責任ある実践の目標を達成する ための包括的な取り組みを採用しています。

他の多くの高級ブランドでも、環境に配慮したパッケージが採用されています。伝説的なシャンパンメーカーであるドンペリニヨンは、現在、リサイクル可能で生分解性のある 段ボールを使用した パッケージを採用しています。カルバン・クライン、トミー・ヒルフィガーなどの人気ブランドを有するアパレル企業PVHは、2025年までに 持続可能かつ倫理的に調達されたパッケージを100%使用することを目標に掲げて活動しています。「グローバルなアパレル企業として、私たちは廃棄物を減らす責任があると認識しています。そのための重要な方法の一つが、パッケージを最小限に抑え、リサイクル可能にすることです」と、PVHの企業責任担当グループ副社長のマリッサ・パグナニ・マクガワンは述べています。

サステナビリティと環境に配慮した製品に関して、ミレニアル世代とGen-Z世代の消費者は特に 透明性を重視します。エバーレーンでは、環境に配慮した取り組みを明確に示すため、 工場のデジタルツアーを実施し、消費者にブランドのサステナビリティプロセスを直接見てもらうようにしています。

移動する

グリーン化を検討しているラグジュアリーブランドは、新しいサステナブルパッケージングソリューションを幅広く選択することができます。コンサルティング会社のリサーチ・アンド・マーケッツによると、 グリーンパッケージング業界は、2025年までに4400億ドル以上の規模に達すると予測されています。消費者の好みに合わせてサステナビリティを採用するブランドが増えることによる市場需要の増加と、革新的な技術や素材の急増の両方が、この成長を後押ししています。

成型繊維は、さまざまな高級品に使用できる環境に優しい素材の一つです。再生段ボールパルプ、紙、竹、バガス、その他成長の早い天然繊維から作られる成型繊維は、最高の選択です。

新しい技術により、繊維成形品は高級ブランド特有の要求に応えることができるようになった。この適応性のある生分解性素材は、滑らかなドラフト角と高級感を提供するように設計することができます。また、モールドファイバーはカスタマイズが可能です。さまざまな形や質感に成形でき、ブランドの色に合わせることも容易です。 スマートパッケージングなど、その他のパッケージング技術の進歩も、高級ブランドのイメージ維持や消費者の関心を高めるのに役立っています。例えば、繊維成形品のパッケージにQRコードを印刷したり、貼り付けたりすることができます。消費者がスマートフォンでこのコードを読み取ると、ブランドのサステナビリティへの取り組みに関する情報や、パッケージのリサイクルや再利用方法に関する説明が表示されます。

ラグジュアリーブランドは、製品がブランドのイメージを確実に映し出すことを常に意識しています。持続可能なパッケージングは、顧客を引き付け、ブランドの評判を維持するために不可欠な要素となっています。適切なアプローチ、素材、デザインによって、ラグジュアリーな顧客の要望に応え、環境に配慮し、サプライチェーンと輸送をより経済的にする、最高品質のパッケージングソリューションを見つけることが可能です。

関連記事