RyPax - Top Pharma Packaging Solution Providers 2020

この記事を共有する

facebookでシェアする
Twitterでシェアする
リンクトインで共有する

COVID-19のパンデミックにより、患者のアドヒアランスを確保する必要性がこれまで以上に高まっています。医師、薬剤師、その他の職種がより効果的な医療を提供できるように、遠隔医療や処方箋の宅配が急速に拡大しています。これを受けて、連邦政府や州政府は、医師の遠隔診察や遠隔調剤を許可するために、さまざまな規制を改正してきました。こうした変化を受けて、服薬アドヒアランスを確保するための新たな方法やスマートなパッケージングを見出すことの重要性が高まっています。

ライパックスは、繊維成形パッケージのパイオニアとして、すでにスマートパッケージング強化オプションを顧客に提供し始めています。同社は、E Ink社の電子ペーパー・デジタル・ディスプレイやPBrain社のチャットボット技術を、環境に優しいパッケージング・ソリューションとして顧客に提供しています。E Ink社のePaperデジタルディスプレイを搭載したライパックスの成形繊維包装は、重要な製品情報や使用説明書を目立つように表示でき、メッセージをより分かりやすく伝えることができるため、患者のアドヒアランスを向上させることができます。また、この技術は電子機器と統合して製品の状態を監視・確認することができ、製品パッケージ上に接続されたインタラクティブなユーザインタフェースを実現します。このような新たな展開を踏まえて、持続可能性の必要性も重要な考慮事項となります。多くのパッケージング企業のリーダーは、すでに自社のプロセス全体を見直し、より環境に優しい未来に向けた取り組みを確実なものにしています。

その結果、RyPaxは、コスト削減を実現し、製品の患者体験を向上させるのに役立つスマートで持続可能なパッケージングソリューションを開発することで、持続可能性の側面にも焦点を当てています。RyPaxのCEOであるAlvin Limは、"RyPax成形繊維箱にチャットボット技術を搭載することで、取扱説明書がデジタルな対話体験に変換されます。"と伝えています。その結果、ユーザーマニュアルの厚さを50%削減し、ボックスのプロファイルを20%削減し、最終的に保管と輸送コストを20%削減することができます。ライパックスは、国際成型繊維協会、持続可能な包装連合、アクティブ&インテリジェント包装産業協会のメンバーとして、包装の未来を形作るであろう様々な会議やイベントに積極的に参加しています。これらの会議では、最新の技術的進歩が共有されます。ライパックスは、これらの会議の1つを通じて、医薬品業界に特化した持続可能でスマートな包装ソリューションを開発するために、E Ink社とパートナーシップを結びました。

ライパックスが業界の技術進歩の最前線にいるのは、よく訓練された経験豊富なエンジニアのチームであり、彼らは常に最先端のソリューションをお客様に提供するために探求しています。ライパックスは、先進的な機器やプロセスをパートナー企業と共同開発し、特定の要件に合わせた製品を製造しています。これらの実績には、コンポストやリサイクル可能な素材の使用、金型設計、包装性能試験、品質保証、FSC認証などが含まれます。「ライパックスのスマートモールドファイバーパッケージングソリューションは、未来に向かう前向きな製薬会社にとって最適なソリューションです」とリム氏は言います。ライパックスは、お客様に提供する最先端のソリューションを常に模索しています。例えば、大学との連携による環境に配慮した研究開発や、製品パッケージへの繊維成形品の採用拡大などです。

 

- 本記事はPharma Tech Outlookが執筆し、2020年12月号に掲載されたものです。

関連記事