スポーツ用品業界が成型繊維包装への転換を必要とする5つの大きな理由

この記事を共有する

facebookでシェアする
Twitterでシェアする
リンクトインで共有する

スポーツ界は、環境に配慮した活動を推進する大きな力となりつつあります。東京オリンピックでは、IOCが幅広い持続可能性プログラムを採用しました。このプログラムには、廃棄物ゼロの目標(リデュース、リユース、リサイクル)や持続可能な調達のガイドラインが含まれています。他の主要スポーツ団体も、海洋のプラスチック廃棄物を削減することを目的とした国連の「クリーンシーズ・キャンペーン」を支持しています。毎年、800万トン以上のプラスチック廃棄物が海に捨てられています。

このような取り組みにより、スポーツ用品業界のブランドには、環境を保護し、持続可能性を高めるための選択肢が数多くあることが強調されています。繊維成形品のパッケージングを採用することは、ブランドがより環境に優しくなるための簡単な方法なのです。

今すぐ成型繊維パッケージへの移行を開始する5つの理由

成型繊維は、スポーツ用品メーカーに多くの利点をもたらします。ここでは、モールドファイバーパッケージングがスポーツ用品に最適な理由トップ5を見てみましょう。

1.プラスチックの使用量を減らすために

プラスチックの包装材への使用は、1960年代に始まり、急速に拡大しました。現在、何百万トンものプラスチックが小売店の包装と輸送の両方に使われています。多くのプラスチックはリサイクル可能ですが、実際にリサイクルされているのは毎年わずかな量にすぎません。例えば、米国では、リサイクルされるプラスチックは10%未満です。世界中で使用されるプラスチックの大半は、埋立地に捨てられるか、景観や海を汚染しているのです。

環境保護団体は、使い捨てプラスチックの削減を重要な環境目標として掲げています。例えば、大規模なスポーツイベントでは、最大で75万本のペットボトルと7トンの廃棄物が発生する可能性があります。スポーツ業界は、さまざまな活動において、プラスチック廃棄物の削減に積極的に取り組むことができます。

スポーツ用品ブランドは、持続可能な素材を使用した生分解性パッケージへの移行により、環境に配慮した製品づくりを強化することができます。また、持続可能なパッケージングに対する消費者の期待の高まりに応えることもできます。例えば、UEFAのEuro 2020の公式試合球のパッケージにはプラスチックが使われていません。これは、アディダスがプラスチック廃棄物の削減に注力するなど、さまざまな環境責任とサステナビリティへの取り組みを進めているためです。同様に、ウィルソン・トリニティのテニスボールは、100%リサイクル可能なパッケージを採用しています。

プラスチック廃棄物の削減を目指すメーカーにとって、繊維成形パッケージング・ソリューションは最初から最後まで持続可能です。リサイクル素材や、持続可能で成長の早い天然繊維で作られています。また、100%リサイクル可能で、生分解性があり、焼却することができます。

2.ブランド認知度向上のため

ゴルフクラブやテニスラケット、スケート靴やスキー板など、スポーツ用品にはさまざまな形や大きさ、重さのものがあります。モールドファイバーは、その名の通り、あらゆる製品に適した形状に成形することが可能です。小売用、出荷用を問わず、さまざまな形状や質感にカスタマイズすることが可能です。

成型繊維は適応性の高い包装材料で、小売向けのパッケージに最適です。高級スポーツ用品のパッケージには、高級感を出すために滑らかな抜き勾配をつけることが可能です。一方、ベーシックで環境に配慮したパッケージングにも使用でき、ブランドのサステナビリティメッセージを強調することができます。例えば、Newtonのランニングシューズのリテールパッケージは、繊維を成型したシンプルな靴箱を使用しています。この箱は、靴の形状にぴったりと沿い、通常の靴箱よりも丈夫なパッケージとなっています。

3.強度とクッション性を持たせるため

繊維成形品は、保護性、クッション性に優れています。ボウリングのボールなど、適度に重いスポーツ用品の重量に耐えられるほど頑丈です。また、軽量であるため、輸送に伴う二酸化炭素の排出量を削減することができます。

また、ストップウォッチやゴルフの距離計など、よりデリケートな製品では、繊維を成形することで優れた耐振動・耐衝撃性を発揮する。多色の黒をはじめ、豊富なカラーバリエーションで製造することが可能です。

4.スマートパッケージング技術を活用するために

成型繊維パッケージは、スマート・テクノロジーを統合することもできます。クイックレスポンス(QR)コード、無線自動識別(RFID)タグ、Bluetoothタグ、近距離無線通信(NFC)チップを包装に埋め込むことができるのです。例えば、ブランドは、QRコードにチャットボットへのリンクを含めることができます。顧客はスマートフォンのカメラでコードをスキャンして、製品について質問することができます。

スマートテクノロジーは、消費者や企業にとって、以下のような多くのメリットをもたらします。

  • アフターケア
  • 製品情報、エコメッセージの提供
  • 模倣品対策
  • 在庫管理支援

スマートでサステナブルなパッケージにアップグレードすることで、ブランドはリーチを広げ、イメージを向上させると同時に、収益も上げることができます。

5.費用対効果の高い代替案を提示する

成型繊維は、プラスチックや他の包装材料に代わる、費用対効果が高く、環境に優しい材料として人気を集めています。入れ子や積み重ねが可能で、労働効率を高め、保管、配送、廃棄コストを削減することができます。

また、繊維成形品のパッケージを採用することで、プラスチック廃棄物の削減を目的とした規制に関するコストを回避することができ、スポーツ用品ブランドの収益向上につながります。例えば、欧州連合(EU)はプラスチック税を導入しており、メーカーが排出する非リサイクル・プラスチックの量を減らすためのインセンティブを提供しています。

より環境にやさしい未来へ

成形繊維は、スポーツ用品ブランドに対して、消費者の嗜好に訴え、独自の持続可能性目標を達成するためのパッケージング・ソリューションを提供します。モールドファイバー・パッケージングを採用することで、廃棄物を最小限に抑え、水の使用量を削減し、温室効果ガスの排出を抑えるといった環境面での利点があります。

持続可能な素材を使用した包装資材は、ブランドが循環型経済の構築に貢献するのに役立ちます。また、スポーツ用品業界は、その影響力(行動と声の両方)を使って、地球のために変化をもたらす絶好の機会を提供しています。

関連記事